即金

直ぐにお金が必要な方はココをチェック!

直ぐにお金を借りたい場合には、キャッシング会社のページを見る時にいくつかチェックする項目があります。三菱東京UFJ銀行カードローンでその項目を紹介しますね。

 

注目すべきポイントは「check!」と書かれている文言です。

即金キャッシング※今すぐにお金を借りれるカードローン

即金キャッシング※今すぐにお金を借りれるカードローン 三菱東京UFJ銀行カードローンの申込みはコチラ

 

即金を希望する場合には、「最短即日利用可能」という文言に注目しましょう!
これは、『一番早くて、申し込んだその日に借入が可能』という意味になります。

 

今回、三菱東京UFJ銀行カードローンを例に紹介していますが、三菱東京UFJ銀行カードローンも「最短即日ご利用可能!」と書かれています。

 

しかも、インターネットで申し込んだ場合、最短30分で審査が完了なので、借りれるかどうか直ぐに分かるのです。

 

さらに、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、審査結果が分かった後はATMコーナーにあるテレビ窓口で手続きを完了すると最短45分でカードが発行されます!

 

もう1度、【最短でカードを取得したい場合の手続き】をまとめると・・・

インターネットで申込み
最短30分で審査結果の回答
近くにあるATMコーナーのテレビ窓口で手続き

  ※身分証明書として運転免許証を持参しましょう。

手続き完了後、最短45分でカード発行
隣に設置されている三菱東京UFJ銀行ATMにてお金を引き出し!

最短でお金を借入するためのポイントや手順は分かりましたでしょうか?

 

当サイトでは、三菱東京UFJ銀行カードローンを始め、最短即日で借りれる人気のカードローンを紹介しています。安心・低金利の銀行カードローンや、無利息キャッシングなどサービスが充実している消費者金融系カードローンを、見やすいランキングで紹介しています!

【最短即日で借りれる銀行カードローン】をランキングで紹介!

カード発行まで最短45分!「三菱東京UFJ銀行」


金利(年率) 限度額 審査回答期間
1.8% 〜14.6% 500万円
主婦の方は30万円以内
最短即日

知名度も高く安心して利用できる三菱東京UFJ銀行は、急ぎの場合でもすぐに対応してくれます。審査時間は最短30分で、申込みはインターネットから24時間いつでも可能です。

特にお急ぎの場合は、インターネットから申込み後、お近くの自動契約機で契約すると最短40分でその場でカードを受け取ることができます。書類が自宅に届くこともないので家族に知られることなく借入ができます。

総量規制対象外なので専業主婦の方でも利用できます。(※審査結果のご連絡は9時〜21時(土・日・祝日は9時〜17時)までとなります。受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。)

2種類の無利息期間から選べる!新生銀行「レイク」


金利(年率) 限度額 審査回答期間
4.5-18.0% 1-500万円 最短即日

レイクは2種類の無利息期間を選べることで大変人気のカードローンです。しかも新生銀行なので安心・安全の銀行系カードローンということもあり、初めてお金を借りる人でも安心して申込みが出来ます。5万円までの少額融資が希望であれば180日間利息がかかりません。5万を超える場合は30日間無利息で借りることが出来ます。用途に合わせて選べるのも嬉しいですね。

auユーザー特別割引有り!「じぶん銀行カードローン」


金利(年率) 限度額 審査回答期間
3.9-17.5% 10-500万円 最短即日

じぶん銀行は既にキャッシュ口座を持っている方ですと、最短即日で融資を受ける事ができます。三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で運営しているネットバンクなので安心感もあり、低金利なのでとても人気の高いカードローンです。更に、auを日頃から利用している方へ特別割引があるので、auユーザーの方には大変お勧めです。おまとめローンとしても利用できるので複数社から借入がある方は公式ホームページから詳しい内容を確認してください。

最高融資額1000万円。大口融資に最高!「みずほ銀行」


金利(年率) 限度額 審査回答期間
3.0-7.0%※ 1000万円 最短即日

みずほ銀行は、利用限度額が最大1000万円まで可能でインターネットから申込みをすると来店・郵送不要で即日利用ができます。現在利用中の複数の借入を1つにまとめることができるので非常に便利です。

みずほ銀行の口座をお持ちの場合はよりスピーディーに借入ができ、総量規制対象外なので自身に収入のない専業主婦でも申込みができます。
※エグゼクティブプランの場合。みずほ銀行の住宅ローンに加入していない場合は金利が3.5〜7.5%になります。エグゼクティブプランとコンフォートプランは審査の結果によって自動的に振り分けられます。

【審査スピードがとにかく早い消費者金融系カードローン】をランキングで紹介!

最短30分の爆速審査スピード「アコム」


金利(年率) 限度額 審査回答期間
3.0%-18.0% 1万円 〜800万円 最短30分

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、急な申込みにもスピーディーに対応してくれます。審査回答が最短30分で即日振込みが可能です。インターネットから24時間365日いつでも申込みができます。

最寄りの店頭窓口むじんくんから契約すると、その場でカードが発行されます。即日振込みの場合は14時までに必要書類を提出すると、来店することなく利用できます。アルバイトやパート、学生でも申込み出来ます。

30日無利息キャッシングも利用出来る「プロミス」
プロミス


金利(年率) 限度額 審査回答期間
4.5-17.8% 1万円 〜 500万円 画面に審査結果を表示

SMBCコンシューマーファイナンスプロミスは、初めての方限定で30日間無利息サービスが受けられます。お急ぎ場合は、インターネットから申込みをすると最短即日で融資を受けられます。

安定した収入があればパート、アルバイト、主婦、学生でも申込みが可能です。女性専用のレディースキャッシングでは専用ダイヤルが女性オペレーターの対応になるので安心です。

電話も郵便物も一切無し!「モビット」


金利(年率) 限度額 審査回答期間
3.0-18.0% 1-800万円 最短即日

三井住友銀行グループのモビットは、急ぎの融資を希望の場合に特にオススメです。審査に不安な場合はインターネットから10秒で事前審査が行えて、申込みも24時間いつでもできます。

指定の口座に振込・モビットカードで出金の2通りから選べてすぐに利用できます。(※当日振込には14:50までの振込手続完了が必要です。※審査結果によってはご希望に沿えないこともございます。 )

即日融資について

一両日中にお金を工面しなければならなくなって焦ることがありますね。そんな時は即日融資可能な金融機関を利用できると大変助かります。即日融資は消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンで可能になっています金融機関が即日融資ができるのは、申し込み後の仮審査をコンピューターによる自動審査で行っているからです。借入申込者が申し込みフォームに必要事項を入力して送信すると、申し込み書に書かれた情報を点数化し、ある一定のポイントに達すれば仮審査に通るようになっています。この自動審査ができる時間帯は決まっていて9:00〜21:00ぐらいの時間帯です。この時間帯に申し込めば、自動審査の結果は数秒でわかります。申し込み自体は365日24時間いつでもできるようになっています。

 

自動審査による仮審査に通ったら、本人確認書類をファックスやメールに添付して送信したり、専用アプリで送付することもできます。その後、本審査がありますが、この手続きが14:00〜15:00位の間に終われば、その日のうちに指定口座にお金が振り込まれて借入ができます。この時間帯を過ぎると融資は翌営業日ということになります。

 

また、申し込みをネットからして手続きを自動契約機ですれば、その場でカードが発行され、すぐ利用できます。もちろん申し込みから契約まで、自動契約機ですることもできます。また、店頭窓口で申し込みをしても、審査の後、その場でカードを受け取り即日利用ができます

 

即日融資が可能な銀行ローンは三菱東京UFJ銀行や楽天銀行などです。地方銀行のカードローンでも即日融資が可能なところがあります。また、アコムやプロミスなどの大手消費者金融でも、即日融資が可能になっています。

 

 

即日融資をスムーズに受けるには、申し込みフォームに正確に正直に情報を入力することが必要です。入力した内容が、事実と違っていると審査に通りません。申し込みフォームには借入件数や借入総額を入力するところがありますが、こうした情報は、信用情報機関に登録されていて、金融機関は信用情報機関に照会することで、申し込み内容を確認します。ですから、借入件数や借入総額は、正直に書いてください。虚偽の情報を入力すると審査には通りませんので即日う融資も受けられません。また、本人確認書類も現住所と同じ住所が記載されているものを送付してください。提出書類に不備があるとやはり、審査に通らないので確認の上、提出してください。

 

即日融資は大変助かるサービスですが、その手軽さのために、返済のことをよく考えずに借りてしまって、あとから返済に追われるようになることがあります。急いでいる時でも、利用する前には、返済シミュレーションをして、返済能力の範囲内で借りるようにしましょう。また、借入先も金利や利用できるATM、出入金の際の手数料の有無等も確認して、なるべく節約できて、使い勝手のいい金融機関を選びましょう。


更新履歴