即金 借入金額が年収の3分の1を超えている場合

借入金額が年収の3分の1を超えている場合

貸金業法には総量規制というのがあって、この総量規制というのは、消費者金融のような貸金業者は、借りての年収の3分の1までしか貸して受けができないという制限です。ですから、すでに借入金額が年収の3分の1を超えている場合は新たな借り入れができません。また、年収の3分の1を超える借り入れも申し込みもできません。それで、借入金額が年収の3分の1を超えている場合は、消費者金融ではなく、銀行や信用金庫のカードローンを申し込むことができます。銀行や信用金庫等は貸金業者なので総量規制の対象ではありません。ですから、借入金額が年収の3分の1を超えている場合でも申し込みができます。

 

 

ただ、総量規制には「除外」と「例外」があるので、その条件に合っていれば貸金業者からも年収の3分の1を超える借入ができます。「除外」の貸付は不動産購入または不動産に改良のための貸付け自動車購入時の自動車担保貸付け、高額療養費の貸付け、有価証券担保貸付けなどです。ですからこれらの貸付けの残高があっても、総量規制の貸付残高には含まれません。

 

「例外」は顧客に一方的有利となる借換え緊急の医療費の貸付けや社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け、個人事業者に対する貸付け、預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」にかかる貸付けです。これらは貸付残高に含まれますが、例外的に貸付が可能な資金です。

 

ですから消費者金融の貸金業法に基づくおまとめローンは借入金額が年収の3分の1を超えている場合でも申し込みができます。また、消費者金融の事業者用ローンも総量規制の対象外なので借入金額が年収の3分の1を超えていても申し込みができます。総量規制があるので、収入がない人は借り入れができないわけですが、「例外」にもあるように、本人に収入のない専業主婦の場合は、配偶者の年収の3分の1までなら借入ができます。